2018年10月24日

子供を虫歯にさせない歯磨き粉!

hamigaki_akachan.png
子供の虫歯、親としては当然、気になります。

小さい子供を虫歯にさせない事、虫歯を予防する事は、親の責任でもあります。

ですが一方で、歯磨きをイヤがる子供もたくさん居ますよね?

暴れてしまって仕上げ磨きもままならなかったり、パパやママの気持ちとは裏腹に、うまく歯磨きさせられない、できないといった状況も…

どんな歯ブラシを使ったら良いのか?歯磨き粉は?フッ素は?

できる限り虫歯にさせないために、色々と考えることでしょう。

親として子供を虫歯にさせないために、健康な歯を維持するために、おすすめの歯磨き粉をご紹介します。

子供の歯磨きにおすすめな歯磨き粉。


子供が嫌がらずに歯を磨くための歯磨き粉の選び方で1番良い方法は、

自分で選ばせること。

です。

パパやママがこれが良いと思って選ぶ気持ちもわかりますが、自立心の芽生えてきた子供は、自分で選ぶことも大好きです。

”自分で選んだんだから”という理由付けも、子供が積極的に歯を磨いたり、仕上げ磨きを拒まないためには大切なことですね。

心配しなくても薬局やドラッグストアで販売されている歯磨き粉に悪いものはありませんよ。

ただし、フッ素の含有量には注意が必要です。

年齢別の歯磨き粉の選び方。


子供の成長にあわせて、子供用の歯磨き粉は変えていく必要があります。

0歳~1歳半ぐらいまでの間は、フッ素の量の少ない歯磨き粉でかまいません。

【歯の生え始めから、うがいのいらないジェルタイプ。】


*赤ちゃんの時期のフッ素の毒性が気になる場合には、フッ素不使用の歯磨き粉もあります。
(まだ自分で選べる年齢でもありませんね。)


1歳半を過ぎるあたりから、少しフッ素の含有量が多いものに変えていきましょう。

【ちゃんと磨く乳歯ケア】


この頃から使い始めるジェルタイプの歯磨き粉は、実は大人の歯磨きにもおすすめできる歯磨き粉なので、一緒に磨くことも、子供が喜んで歯磨きすることに繋がりまよ。

4歳ぐらいになって、うがいがしっかりできるようになったら、少し発泡剤を含んでいる歯磨き粉にすると、清涼感が増し、”大人と同じ!”と喜んでくれるかもしれませんね。

【生え変わりの弱い歯に】

このような観点でチョイスした中から、お子様自身で歯磨き粉を選ばせてはいかがでしょうか。

嫌がる子供に新提案の歯磨き粉。

bacteria-3662695_640.jpg

舐めるだけでも虫歯の予防に繋がる歯磨き粉があるのをご存知でしょうか?

変な話ですが、ペット用の歯磨き粉にも同様の歯磨き粉があります。

どんな歯磨き粉かと言いますと、虫歯の原因である、虫歯菌の餌となる歯垢を分解する歯磨き粉です。

それが、ブリス菌とういう乳酸菌を配合している歯磨き粉です。

ブリス菌は、虫歯になりにくい人の口の中から発見された乳酸菌。虫歯の原因であるミュータンス菌と闘う善玉菌、お口の中の正義の味方なんですね。

乳酸菌というとヨーグルトを思い出すかもしれませんが、風の予防や免疫力アップさせるビフィズス菌などの乳酸菌は、腸内で戦う乳酸菌。口の中で長く生きられないんです。

それに対してブリアンに含まれるブリス菌という乳酸菌は、口の中を棲み処にする乳酸菌。

乳酸菌にも好きな場所があるんですね。

子供用の歯磨き粉としても、満足度は97.5%と好評なので、大人用も発売されています。

忙しい時には口に含んでマウスウォッシュとしても利用できる歯磨き粉です。


もちろん、ブラッシングによって歯の汚れを落とすことも大切なんですが、これなら歯磨きをきちんとしてくれない子供の歯の健康を守るのに、一役買ってくれますね。

お子さんと一緒に乳酸菌で虫歯予防、いかがでしょうか?

*ブリス菌配合!子供の虫歯を予防する歯磨き粉。

おすすめ度:★★★★★

【人気爆発!ブリス菌ならブリアン。】



おすすめ度:★★★★

【優しい歯磨き粉のむしばいばい。】




posted by ブリアンブリアン。 at 07:00| Comment(0) | 虫歯予防 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。